軟X線ワークセンサ
センサヘッド
型式 WSP-S1A-C0110
検査範囲 10mm
外形寸法 78 × 23 × 10mm
重量 40g
コントローラ
型式 WSP-C1A-1N
安全装置 インターロックによるX線制御
外形寸法 72 × 35 × 25mm
重量 500g

多様な検査に対応するSPOT型センサ

X線センサシステムでは世界で初めてX線技術を活用したセンサを採用しています。
エリアセンサでX線の透過量を計測し、透過量の差を利用した検査を行います。噛み込み検査をはじめ、位置ずれや枚数検査など多様な用途に活 用できます。光学式のセンサでは難しい、中身の見えない包材や印刷のある場合の検査にも対応しています。
X線センサシステムは、従来のX線検査装置よりさらにエネルギーの小さいX線を使用していることと、画像処理を行わないことから超小型・低価格 を実現します。
また、超小型なため包装機に組み込み・後付けすることも可能です。新たにスペースを必要としない上に、姿勢の良い状態で検査を行うことができるため誤検知を低減することができます。

得意とする検査

    • 給袋包装の噛み込み・ダーツ
    • 位置ずれ
    • 枚数、欠品
    • 合わせずれ
    • 斜めシール など

導入事例

給袋包装:レトルト食品、チーズ、スナック菓子
横ピロー包装:チョコレート、ホットケーキミックス など