サイエナジーのX線センサシステムは世界で初めて軟X技術を採用した画期的な製品です。
軟X線技術により様々なフィルム素材に対応が可能なので、今までは難しかった検査工程の自動化を実現します。
また、既存の包装機に後付で組み込みができる上、従来機よりも低コストでの導入が可能です。

製品の特長

様々な
フィルム素材が
検知可能

軟X線検査により、アルミ箔、アルミ蒸着、印刷された不透明な フィルムでも検知可能です。

厚みの薄い
噛み込みを
検知

フィルムや不織布など薄い噛み込みを高精度に検査できます。

機能を絞り込み
1/2以下の
低価格

必要な機能を絞り込むことができるため、従来機と比較すると大幅なコストダウンが可能です。

後付け可能
設置スペースが
不要

既存の包装機に後付で組込みできるから、省スペースを実現。樹脂カバーによる防護も可能です。

代表的な検査項目

枚数(入味)

枚数(入味)

内容物の枚数欠品・過多

液体小袋の入味

位置ずれ

位置ずれの図

商品の位置ずれ

製品ラインナップ

装置構成

X線センサシステム

軟X線ワークセンサ
ディスプレイ
システム仕様
搬送速度 最大 40m/分(高速オプションあり)
検査幅 最大 150mm(商品の幅と高さにより変動)
X線出力 2W
動作周囲温度・湿度 温度 0〜40℃、湿度 60%以下結露しないこと
検出項目 検出感度
位置ずれ 製品がシールエリアに侵入した場合にNG判定
噛み込み検知 Φ2mm以上(間出物の幅、濃度は可変)
空袋検知 内容物の有無で判定
枚数検知(一部制限) X線が透過可能な範囲内で計数
X線ヘッド
型式 WSX010A
外形寸法 50 × 30 × 125mm(コリメータ付き、突起部は除く
重量 400g

センサ

多様な検査に対応するSPOT型センサ

軟X線ワークセンサ
センサヘッド
型式 WSP-S1A-C0110
検査範囲 10mm
外形寸法 78 × 23 × 10mm
重量 40g
コントローラ
型式 WSP-C1A-1N
安全装置 インターロックによるX線制御
外形寸法 72 × 35 × 25mm
重量 500g

シール幅が広いものにはLINE型センサ

超小型 軟エックス線センサ
センサヘッド
型式 WS-S010A WS-S020A
検査範囲 100mm 200mm
外形寸法 150 × 20 × 45mm 250 × 20 × 45mm(突起部は除く)
重量 200g 300g
コントローラ
型式 WS-C010A
安全装置 インターロックによるX線制御
インターフェース RS232C 、USB2.0
外形寸法 170 × 60 × 130mm(突起部は除く)
重量 500g

制御部及び表示部

ディスプレイ

8インチパネルを使用

SPOT型センサ判定画面

SPOT型センサ判定画面

SPOT型センサ波形画面

SPOT型センサ波形画面

品種設定画面

品種設定画面

LINE検査画面

LINE検査画面
安全マーク
  • 1、X線防護は、PET樹脂5mm厚相当以上のカバーの設置が必要です。
  • 2、X線防護カバーは、開閉時にX線照射を停止するインターロックが必要です。
  • 3、お客様が装置を設置される30日前までに、最寄りの労働基準監督署に設置の届け出が必要です。

導入事例

アルミパウチ包材の
不良品検査に最適
事例1ー液体包装フィルム及び液体包装充填機の開発・製造・販売

不透明フィルムの検査を可能にした軟X線検査装置

主に液体・粘体食品の包装袋について、シール部に噛み込む夾雑物の有無を検査する目的で使用しています。その結果、弊社のお客様にて製品の品質向上と生産性向上が図れました。

導入事例をすべて見る